「新宿区・渋谷区の英語教室・英検対策」のウザワシステム教育研究所 予備校と塾の違いって? - 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > 教育 > 予備校と塾の違いって?

予備校と塾の違いって?

お子さんを塾に通わせようと思った時、またはお子さんが自ら塾に通いたいと申し出た時、どんな塾がいいかをご家庭で話し合うでしょう。
電車を使って大手の塾まで通う必要はあるか、近所の塾で十分なのか、評判の学習塾を徹底的に比較するのか…学習塾の選び方はご家庭により異なると思いますが、多くの方が立ち止まるのが、「予備校と塾の違いって何?」ということのようです。
予備校と塾はシステムの違いがありそうなものですが、実際はどうなのでしょうか?

学習塾とは、もともと小学生や中学生を対象に学習の補助を行っている教育施設です。
主に学校の授業が終わってからの夕方から夜間にかけて授業を行っています。ほとんどの学習塾では、国語、数学(算数)、理科、社会、英語の主要5教科の指導を行っており、そのどれか1つの教科のみを受けることも可能です。
塾の種類は様々で、個別指導、集団授業、少人数制、自習形式などの指導方法にわけられ、学校での成績を上げることが塾本来の目的となっています。

一方予備校は、希望する学校へ入学するための受験対策に特化した学習指導を主に行っている教育施設です。例えば「大学受験予備校」を掲げている予備校では、その名の通り大学受験を控えた高校生に受験に必要な学習指導を行っています。
現役合格を目指す高校生のコースと、高校を卒業した浪人生のコースがあり、高校生コースは学習塾と同じく学校が終わった後の夕方から夜間にかけての時間帯や、週末に授業を行います。
高卒者コースは平日の昼間を利用して授業を行うことが多いでしょう。

予備校と塾の違いは、そもそもの目的が違うのです。
しかし、最近では学習塾であっても「予備校」を名乗るところが増えていたり、大学であっても例えば「津田塾」など「塾」がつく大学もあったりと、きっちりと分けられているわけではありません。
要は、その教育施設がどのような方針で学習指導を行っているかで、名乗る名称が変わってくるといえるのです。
塾か予備校を選ぶ際は、その教育施設がどのような学習指導を行っているのかをきちんと確認しながら選ぶようにしましょう。

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://uzawa-system.com/%e6%95%99%e8%82%b2/2012-04-11/%e4%ba%88%e5%82%99%e6%a0%a1%e3%81%a8%e5%a1%be%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%9f/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
予備校と塾の違いって? から 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > 教育 > 予備校と塾の違いって?

カレンダー
« 4 月 2012 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る