「新宿区・渋谷区の英語教室・英検対策」のウザワシステム教育研究所 試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには - 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > テスト > 試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには

試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには

【試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには】

試験前に、お腹が痛くなってしまったり、極度の緊張で頭が真っ白になってしまうことはありませんか?

特に今後がかかっている試験では、緊張しすぎて体調を崩してしまう人も少なくはないでしょう。

そのまま試験に臨んでも、今まで培ってきたものを棒にふってしまいかねません。

緊張しやすい方は、是非緊張をほぐすための対処法を身につけておきましょう!

試験に限らず、今後緊張した時に使える対処法をご紹介します。

■成功することをイメージする

緊張している時は、マイナス思考になりがちです。

「失敗したらどうしよう…」「勉強したところが出てこなかったらどうしよう…」などと考えてしまい、それがさらに自分自身を追いこんでしまうのです。

それを避けるためにも、成功することをイメージすることが大切です。試験中、リラックスして臨んでいる自分をイメージすると、緊張は徐々に落ち着き、自信が湧いてきます。

自信に満ちている人は成功しやすいといいますが、自信に満ちている人ほど常に成功することを考えているものです。

■一度つまずいても、引きずらない

試験中、わからない問題があったときに、パニックに陥ってしまう人はいないでしょうか?スピーチなどでも、途中までうまくいっていたのに、途中で小さなミスをしただけで緊張が増し、失敗し続けてしまうという例もあります。

小さなミスに対する「どうしよう!」は、かえって大きな「どうしよう!」を呼んでしまうので、一度つまずいても頭を切り替えることが大切です。

■緊張しない、という意識を持ち続けない

緊張しやすい人は、「緊張しないこと」を意識し続ける傾向があります。

しかし、そればかりにとらわれていると、逆に大きな緊張を生みます。上の「一度つまずいても、ひきずらない」につながりますが、あまり意識しすぎないことが大切なのです。

■腹式呼吸

緊張すると心拍数が上がりますが、心拍数は呼吸によって変化します。

深く、ゆったりとした呼吸をすることで、心拍数も徐々にゆっくりと穏やかになっていきます。おススメは、腹式呼吸です。

腹式呼吸のやり方は、まず口からゆっくりと息を吐き、吐きながらお腹を引っ込めます。吐ききったら今度はお腹をふくらませながら鼻から息を吸います。

できるだけ長く息を吐くのがコツです。

■たくさん笑っておく

そんな余裕ないよ、と思われるかもしれませんが、笑うことは、リラックスにつながります。試験前には友達と会場に行き、いっぱい笑っておきましょう。

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://uzawa-system.com/%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88/2012-11-17/%e8%a9%a6%e9%a8%93%e5%89%8d%e3%81%ae%e7%b7%8a%e5%bc%b5%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%92%e3%82%84%e3%82%8f%e3%82%89%e3%81%92%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには から 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > テスト > 試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには

カレンダー
« 11 月 2012 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る